User Access Manager

仕事でもプライベートでもWordPressを設置する機会が何度かありました。
WordPressは設置するのも、記事の投稿など管理画面での操作も、MovableTypeなどに比べてとてもシンプルで簡単です。
ストレスなく使えるので、私はWP派になりつつあります。

ただ、設置後カスタマイズをしている段階で、ちょっとまごついたのがプラグインの導入でした。
ほとんどのプラグインが、たいした設定の必要もなく、DLしてきたzipファイルのまま管理画面からアップして、プラグインの画面で有効化のボタンをポチっとすればOKなのですが、中には設定をしなくては使えないものもあります。
検索してもあまり情報がなかったり、あってもザックリとした説明だけで、具体的な設定方法の説明がなかったりということも多く、そんな場合は使えるようにするまでゴニョゴニョ頑張らなくてはいけません。
ということで備忘録的に、設置方法などについてちょっとメモしておこうと思います。

で、今回取り上げるのは、会員サイトなどを運営する際にとても便利な「User Access Manager」というプラグイン。
例えば登録ユーザーに割り当てたレベルによって、アクセスできるページの範囲を制限することなどができます。


 
1.ダウンロード
WordPress.orgからプラグインをダウンロード

プラグインをダウンロード

2.アップロード
そのままzipファイルを管理画面からアップロードし、インストール済みプラグインで有効化

プラグインをインストール


プラグインの有効化

ここでもう一度、このプラグインの機能を確認しておきましょう。
カテゴリーとユーザーとの関係(グループ)を決定するのがこのプラグインの役目です。
つまり、このカテゴリーにアクセスできるのはどのユーザーなのか、このユーザーがアクセスできるのはどのカテゴリーなのか、そんな関連付けをします。
カテゴリーにもユーザーにも、複数のグループを設定することができるので、必要に応じて色々な使い方が出来ると思いますが、そのあたりはそれぞれがお使いのときに試していただければと思います。
ここではベーシックな設定方法の説明をしたいと思います。

3.設定 Settings
有効化が済むと、管理画面のメニューに「UAM」というメニューができます。
ユーザーグループの設定以外はほとんどいじる必要は無いと思います(私もほぼデフォルトで使っています)が、Settingsではアクセスした際の表示方法などの設定ができますので、必要に応じて変更してください。
日本語化されていないのでちょっと面倒に感じますが、読むとなんとなくわかるので多分何とかなると思います(笑)。

Settings

4.グループ設定 Manage user user groups
いよいよグループの設定です。
グループ名称、グループの説明などを登録します。

グループ設定

権限ですが、私はここでは設定せず、ユーザー登録の側にある同様の設定の方だけで登録して運用しています。
それでいいのか、またどちらでの設定が優先されるのかは検証できていません、ごめんなさい。

ここまでの設定をすると、ユーザーとカテゴリーの登録に「User Groups」という項目ができ、登録済みのグループが表示されますので、そのユーザー、そのカテゴリーに適したグループを選択して登録します。
前述のとおり、複数のグループを選択することも可能です。

結局、ザックリとした説明になってしまった気もしますが、参考になれば幸いです。
コレ違うよ、とか、コレはどうなの?、とかございましたら、コメント欄にツッコミをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。