20代の半ばに大人ニキビに悩まされた時期がありました。
ニキビができ始めたのは夏に差し掛かったころで、それから暑くなるにつれてニキビもひどくなって行きました。

おでこ、顎周りから始まり、一番ひどい時には頬などにも広がり、顔中ひどいことになっていました。
暑くなってきて汗をかくようになっていたことに加えて、当時仕事がとても忙しく生活が不規則になっていたことも原因かと思います。
さらに忙しかったので食生活もおろそかになっていたと思います。

その年の冬に結婚式を控えていたので、その準備などの精神的なストレスもあり、いろんなことが複合的に原因になっていたように思います。

市販のスキンケアはいろいろ試したのですがひどくなるばかりで、結局皮膚科の先生に診てもらって薬を処方してもらいました。
確か、肌を少しピーリングする作用のある薬だったように思います。

それで少しずつ良くなり、食生活や睡眠などにも気をつけて生活するようにしたのも功を奏して、結婚式のころにはだいぶきれいな肌に戻りひと安心でした。

夏の時期が終わって肌の具合も落ち着いてきたのかもしれません。
それからもたまにニキビができることはありますが、ひどくなる前にしっかり睡眠をとったり心身共に休めることで、ひどくなる前に食い止めている気がします。

カテゴリー: 未分類