中学生の頃はニキビに悩まされていました。気になってしまい、常にニキビを触って引っ掻いたり潰したりしていたのが良くなかったのでしょう。ニキビ跡が残ってしまったことがあります。それからというもの、大人になってからできたニキビはなるべく触らず、気にしないことにしました。市販のニキビ薬を使うこともなく、自然治癒を目指すことにしています。

特に、大人ニキビは日々の生活習慣が影響していることが分かったからです。睡眠不足だったり、ストレスが溜まっていたりするとできやすいような気がします。つまり、たっぷりと睡眠をとり、ストレスを解消できれば自然とニキビもできなくなるはずです。疲れている時や暴飲暴食をした時などにもできやすいので、このような時は少しゆっくり過ごすようにしています。

それから、寝ている間に無意識にニキビを引っ掻いてしまうこともあるので、ニキビ跡が残らないようにするためにも工夫をするようになりました。それは、就寝時には手袋をつけるのです。これで簡単には引っ掻かなくなりました。アトピー体質の人なども就寝時に引っ掻いて悪化してしまうことがあるので、このように対策をしてみるといいかもしれません。後はできるだけ規則正しい生活習慣を送ることが大切だと思います。

スキンケアに関しては普段からニキビ用のものを使っているため、ニキビができてから何かを変えたりはしていません。洗顔などの基礎化粧品はプロアクティブをずっと使っていますが、それ以外に特別なことはしていません。

プロアクティブは効果ある?大人ニキビに二ヶ月使った口コミ

カテゴリー: 未分類